東京文京区中心にリフォーム工事│耐震工事、地震対策リフォームをお任せ下さい。

耐震リフォーム

耐震工事の必要性

耐震工事の必要性
今も記憶に新しい平成7年の阪神・淡路大震災では約6400人もの尊い命が失われました。
その死亡原因の約8割が建物の倒壊によるものです。
特に昭和56年の耐震基準強化以前の旧建築基準で建てられた木造住宅に被害が出ており、古くなればなるほど被害率が高くなっています。

つまり地震で亡くなる人の数を減らすためには、弱い建物や施設の耐震補強を行うことが重要なのです。

助成金について

助成金について
耐震強度を高めるためにリフォームを考えていても、ネックになるのはやはり資金面ではないでしょうか?
かと言って地震の被害を受けてしまってはもうお金どころの騒ぎではありません。
こういった板ばさみの状態になってしまっているご家庭でもご心配はありません。

東京都内ですと、お住まいの区や市によっても異なりますが耐震診断や耐震強度の補強工事にかかる費用の一部が助成金という形で都から支給されます。
弊社がある文京区を例えに出しますと…

【条件】
都内で戸建住宅にお住まいの方

【対象となる建物】
区の助成を受けた建築物耐震診断を実施した建築物。

【対象者の要件】
20歳以上70歳未満。

【補助金支払い限度額】
50万円

となっております。
もちろん各自治体ごとに条件は異なりますので、詳しい事は行政窓口にお問い合わせ頂ければお解りになるはずです。

こんな家が要注意

我が家の耐震強度は大丈夫?
地震がおきる度に「揺れたねぇ」と他人事ではもう駄目です。
いつ自分の身に降りかかるか解らない…それが地震大国日本に住んでいるものの宿命といえます。
そこで、こんな物件だと要注意!
というチェックポイントをいくつかご紹介します。

【地盤や基礎がしっかりしていない】
基礎中の基礎です、地震は地面が揺れるわけですから建物が建っている大本がしっかりと補強されていなければいけません。

【壁の枚数】
これは多いほど耐震強度的には強いといえます。
平屋の家でも2階だての家でも、面積に対する壁の枚数が少ないとそれだけ揺れに対するストッパーが少なくなります。

【建物の健康】
今までに建物の補修をしていますか?
シロアリ被害や雨漏りなどを放置したままにしておくと必然的に構造体にダメージが行くので、住まいの耐久力は減少します。

上記は一例です、そのほかに何か不安なことがありましたらお問い合わせ下さい。
住所:〒112-0014 東京都文京区関口1-12-1
電話:03-5228-2651
FAX:03-5228-2653